【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

企業の求人募集で働く柔道整復師の仕事内容

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/09/03
    

骨折や脱臼、捻挫などの怪我を治療する柔道整復師ですが、接骨院や整骨院を独立開業する人がいる一方で、企業で働く可能性を持つ資格でもあります。

そこでどのような企業が求人募集を行い、活躍の場はどこにあるのかを知るため、柔道整復師の仕事内容そして給料はどのくらいか学んでいきましょう。さらに資格を取得する方法も紹介します。

柔道整復師の具体的な仕事内容とは

仕事に従事しているときやスポーツで汗を流しているときなど、期せずして怪我をすることがあります。裂傷など傷口の治療は医療行為にあたり、柔道整復師が携わることはできません。しかし打撲や捻挫、脱臼などは投薬や外科的治療に及ばなければ施術が可能です。

より症状が重い骨折に関しても同様です。具体的には、脱臼で骨がずれたならば正常な位置に戻す施術をします。打撲や捻挫の腫れや痛みを緩和するため、マッサージを施したりもします。

手技による施術を原則とし、機器を使用する場合には医師の診断を仰がなくてはなりません。もっとも理学療法士と異なり、手技による施術については自ら診断し、行えます。怪我の初期段階で施術することもあれば、ある程度症状が改善した段階で、医師の指導のもとに運動療法や温熱療法など物理的治療を行うことが可能です。

その他交通事故の際の後遺障害の認定に関わることもあります。交通事故に遭った場合、まず病院で診察してもらい怪我の状況について医師の証明を受けます。そのまま怪我が治癒すれば柔道整復師の出番はありませんが、交通事故では数年経って、むち打ちなど後遺障害の症状がしばしば起こり得ます。

その際、実際に障害が生じたのかどうか、どのような症状かなどを証明するのも柔道整復師の重要な仕事の一つです。専門分野に関しては医師の診断なく自身の判断で施術ができる点で、責任と魅力に満ちた仕事といえるでしょう。

柔道整復師の資格を持っていると有利な求人募集とは

一度は聞いたことがある資格でも、どんな場所で活躍しているのか分からない職業は案外多いものです。柔道整復師もその一つではないでしょうか。実は、私たちの身近なところでたくさん活躍しています。

ただ看板に資格名を掲げないことが多く、目にする機会が少ないのが実情です。いわゆる接骨院や整骨院で働く先生は、柔道整復師の資格にもとづいて開業しています。独立開業できる資格である点で魅力的ですが、求人募集を行う病院や施設も少なくありません。

ウェブなどで調査すると最も多いのが、やはり接骨院や整骨院からの求人です。資格者が直接活躍できる場所ですから当然でしょう。これら以外では、脳機能障害などによるリハビリテーション施設、病院やデイサービスなどの介護施設その他鍼灸院やリラクゼーション施設からの求人が見受けられます。

つまり柔道整復師の資格を持っているだけで、福祉業界で活躍する場所はたくさん存在します。給与については経験と事業規模によって差が大きいようですから、応募する際は十分納得した上で契約すべきです。

ただ、働き方については資格を持っていることで、アルバイトやパートから正社員までライフスタイルに応じた方法を選択できるので、家事や育児または勉強などに忙しい方にはぴったりです。ただし、この仕事に就くために一から資格取得を目指す場合は、時間と金銭にある程度余裕が必要でしょう。

柔道整復師の資格を取得する方法とは

これから社会は少子高齢化が進み、リハビリなど福祉の分野で働く方の活躍が見込まれます。柔道整復師も活躍が見込まれる資格の一つですが、どのような手順で資格が取得できるのか広く知られていません。

そこで学生に限らず、現在別の仕事に従事する方も含めて資格取得までの道筋を見ていきましょう。とりあえず明確にしておきたいのは、最終目標が柔道整復師の国家試験に合格することという点です。合格と登録によって晴れて柔道整復師の名称を使用することができます。

ただし認識すべきは、誰でも試験を受験できるわけではなく、受験資格が設けられていることです。受験するためには高校を卒業し、4年制大学または短期大学で規定科目を履修し、認定実技試験をパスするか国指定の専門学校で3年以上学ぶ必要があります。

現在別の仕事に従事している方が目指すには、夜間の部を備えた専門学校が適しているでしょう。都市部ならば比較的容易に探せますが、その他の地域では昼間または遠方まで学びに行くほかないようです。

現在全国では約6万人ほどが活躍しています。資格を取得するには、時間とコストが必要なことを十分考慮し、将来性やビジョンを明確にした上で資格取得を目指すべきでしょう。どのような仕事でも同じですが、資格を取得したから直ちに安定した給与が保障されるわけではありません。取得後に努力を継続できるか見極めて資格合格を目指しましょう。

 

日本に古くから伝わる柔術を応用して始まった柔道整復師ですが、整復法や固定法といった技術から機器を用いた近代的技術まで多くの知識を持ち合わせます。リハビリや介護など福祉の分野での求人は豊富で、これからますます活躍の場が広がるでしょう。