【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師として整骨院を開業するために必要な手続きは?

    

柔道整復師になった以上、将来的に開業をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

近年医療従事者を目指す若者が増えており、専門学校へ入る人も高卒の人ばかりではなく働きながら専門学校の夜間部へ通っている社会人学生の人の姿も年々増えてきています。

震災以降医療現場に就職したいと希望している人は年々増えており、人の役に立ちたいという志をもって入学を希望する人がたくさんいて、中には将来的に開業をしたいからと希望して入学をする人もたくさんいます。

柔道整復師は、実務経験3年必要な講習国家資格に合格をしている者であれば開業をすることは可能で、開業すれば自分のペースで働くことが出来たり、スタッフを雇って大きな施設を作り上げることもできます。

さて、開業をする上でいくつか必要な手続きも発生してきますが、その必要な手続きとは一体何でしょうか?

柔道整復師として開業をする前に確認をすること

開業をする前に、まずはいくつか条件があります。

この条件に満たされていないと開業をすることは難しくなるので自分はこれに該当するのかどうか確認をしていきましょう。

まずは当然として柔道整復師としての国家資格を保有していることです。

この資格は専門の学校できちんと技術や知識を身に着けた後、整復師としての国家試験を受けてもらいます。

国家試験なので難易度は高く受験した全ての人が合格をするわけではありませんが、この国家資格に合格し資格を取得した人が整復師として働くことが出来ます。

整復師が働ける現場としては、整骨院などの医療機関福祉施設にスポーツ関連施設など幅広く治療方法としては運動中や日常生活を送っていた上で生じた脱臼やねん挫に打撲などのこれらの症状に対して、医療現場が行っているような投薬治療や手術ではなく応急的な医療補助―例えば、マッサージや温感や冷感などで痛みを軽減する方法をとりいれています。

開業するにあたり必要な手続きとは何か

まず必要な処理としては最初に事業計画収支計画書の作成を行います。

これは開業するに向けての準備をしていく上で必要になる為、可能な限りしっかりとここで作成していくと後々便利です。

開業候補としている土地の人口住んでいる人の年代など周辺地域の特徴を調べる事でどの地域が自分にとって今後プラスになっていくのかを調査する事を施工圏調査といい、この調査は開業をする上で必ずいくつか整骨院を開きたいと思う候補地が見つかるかと思います。

この調査結果を見たうえで物件の選択を行い、院内や外のレイアウトを考えたりどの機材を必要とするのかを考えて全てまとまってから申請をします。

申請の中には開業してからでないとできないものや開業前に申請をするものもあり、施術所開設届がその1つです。

この施術所開設届は開設をする10日以内に届け出をする必要があり、保険申請をする上で施術所開設届の写しが必須になるため、この届出は必ず期限を守って提出をしましょう。

受領委任契約は、施術所開設届の写しを受け取り、地方厚生局へ序量委任契約の申請を行います。

各共済番号取得の申請ですがこれは各都道府県によって地方共済協議会への申請が不要なものもあるので、事前に地方共済協議会へ確認をする様にしましょう。

防衛省衛官の保険者に請求を行う場合は必ず防衛相省委任申請を行わなければいけないので、労災保険は労災保険を取り扱うために労災基準局への申請を行う必要があり、管轄の労災基準局へ申請を行いましょう。

申請をする上で必要な書類について

申請をする上で必要な書類がいくつかあります。

・施術所開設届・整復師の免許とその写しの両方

・身分証明書・施術所の平面図やその周辺の地図(最寄駅からの案内地図)

・施術所が賃貸の場合は賃貸契約書のコピー

・尊守事項確認書

・確約書

・施工管理者専任証明

・欠格事由非該当申出書

・委任者選任届

・指定機関登録報告書

・施術所開設届の複本など、これらの書類の原本又はコピーが必要になります。この申請に必要な書類以外にも開業に必要な手続きに関する費用が関わってきます。

開業をするだけでも高額な資金と期限内に書類を必要な所に提出をしたりなど、やる事がたくさんあります。

 

柔道整復師は今ニーズが非常に高く、国家資格という事もあり一生ものの資格です。

結婚して転勤しても日本全国どこでも使用することが出来、妊娠出産を理由に現場を退いたとしても、その後育児が落ち着いてからアルバイトやパートとして働くことが出来ます。

高齢化社会となっている今、医療現場で働くスタッフの数も足りておらず、学校を卒業しても働き口がたくさんあり魅力的な資格です。

理学療法士は開業をすることも医師の判断なく治療を行うことはできないのに比べ、整復師は開業をすることも医師の判断なしで治療をすることが出来ますが、勿論そのぶん責任もあり、開業をする上で実務経験と研修を必ず受ける事が条件に挙げられています。

これから開業を目指す人、今から開業をする人はこの必要な書類と申請の期間を忘れないようにきちんと処理をおこないましょう。