【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

施設を見比べて柔道整復師の学校を選ぼう

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/04/08
    

柔道整復師になれる施設を探してみると、数多くの学校が見つかります。

選び方が分からないのなら、用意されている「施設」を確認して見比べてみましょう。

柔道整復師になるためのカリキュラムは決まっているので、あまり授業に変わりはありません。

しかし施設が豊富ならば、やれることが増えるため、学生時代に蓄えられる知識や技術も増えます。

 

学校によって異なる様々な施設

多くの学校では柔道整復師の実力をしっかりとアップできるように、特別な施設を用意してくれています。

それは学習スペースだったり、付属の整骨院だったりするので、自身が望む施設があるところを見つけましょう。

学校の公式ウェブサイトには、施設名と利用方法が掲載されているため、そちらを読めば、どのように柔道整復師の勉強に役立つのか大凡理解できます。

また、トレーニングルームや食堂など、学業とは関係ない部分で、学生生活をサポートしてくれる施設もあります。

それらの有無で学生生活の充実度がかなり違うため、快適さも大事に考えるのなら、サポート施設もきちんとチェックしておきましょう。

 

オープンキャンパスで施設見学

施設を比べるだけならば、各学校に資料請求をして、そこに載っている情報を使えばよいだけです。

どのような施設なのか簡潔に書かれていて、写真も掲載されているため、ある程度は比較できるでしょう。

ただし、自身の目で確かめたいと考えているのなら、資料にある写真では不十分だと感じて当然です。

しかし、学生でもない人間が勝手に学校に進入をして、いろいろな施設を見て回ることはできません。

許可を取れば可能ですが、かなり面倒な手間となるので、オープンキャンパスを利用してしまいましょう。

オープンキャンパスは入学を希望する方に向けて、学校が開催するイベントです。

その開催日は学生ではない人間でも、学校に入っても大丈夫になるため、施設を問題なく見て回れます。

ただし、参加するためには予約が必要となる場合が多いので、開催日に勝手に参加してはいけません。

公式ウェブサイトに予約システムが設置してあったり、問い合わせの電話番号やメールアドレスが用意されていたりするので、そちらで参加の意思を伝えましょう。

なお、オープンキャンパスにはいろいろな種類があるため、内容を確認しておかないと、自由に施設の見学ができない場合があります。

例えば、体験授業や学内ツアーなどの場合は、やれることが決まっているため、施設を見る時間がないかもしれません。

そのため、じっくりと見て回りたいと考えているのならば、自由行動の時間があるオープンキャンパスを活用しましょう。

もしも、そのような時間が用意されていないのなら、スタッフにお願いすれば、特別に見せてもらえる可能性もあります。

熱意のある生徒は大歓迎でしょうから、しっかりと要望を伝えて、見て回れるようにしてもらいましょう。

ちなみに、施設を見ることが目的だとしても、柔道整復師の授業の体験は受けたほうがよいです。

入学したときに、実際に受ける授業を体験できるのは、学校を選定するときに多いに役立ちます。

もしも、同じ日に施設の確認と体験授業の両方を利用できないというのなら、もう一度別の日に参加してみましょう。

オープンキャンパスは何度も開催されるイベントなので、無理に1日ですべてを活用しようと考えなくても大丈夫です。

 

施設を説明してもらうことも大事

施設を自分の目で見て、公式ウェブサイトや資料を確認したとしても、どのように有効活用できるのか分からない場合もあります。

施設の名前や見た目だけ分かっても、使い方が分からなければ比べるときに役には立ちません。

学習スペースならば何をするか一目瞭然ですが、付属整骨院などはどのようなことを行えるか分からないので、きちんとした説明を聞くのは大切だといえます。

疑問があるときは、学校のスタッフに使用用途について質問を行って、詳しい説明をしてもらいましょう。

質問はオープンキャンパスを利用することもできますし、自宅に帰ってから電話やメールで問い合わせることもできます。

 

柔道整復師になるためには『3年間以上学校に通って、カリキュラムを終わらせなければいけない』という決まりがあります。

つまり、一度入学したら同じ環境で長い間勉強を行うことになるので、学校選びは大切なものになります。

学生生活を無難に過ごしたいのなら、授業の雰囲気やアクセスのしやすさだけで選ぶのもよいでしょう。

しかし、卒業後に柔道整復師として活躍したいと考えるのならば、得られる実力にも注目しなければいけません。

用意されている施設の差が、実力の差に繋がる可能性があるので、それぞれの学校をチェックして比較をしましょう。

オープンキャンパスという便利なイベントを活用すれば、施設の比較は決して難しいことではありません。