【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人情報|柔道整復師に求められるビジネスマナー

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/09/03
    

柔道整復師といえば、整復の技量と同時にビジネスマナーも重要です。一見すると整復の腕が全ての様にも見えますが、クライアントや関連業者と接する場合にはメールのやり取りもありますし、一般的なビジネスマナーを求められる場面も多いです。

そこで今回は、柔道整復師で特に重要とされるビジネスマナーをピックアップして紹介します。

ビジネスマナーは施術以前の前提条件

整骨院や病院に柔道整復師を頼って来るクライアント達は何らかの故障を持っており、普段よりも消耗しています。自分の体の状態を整復で少しでも改善したいと思っており、施術してくれる人に少なからず期待も持っているものです。

そんな時に、敬語も上手く使えず、不愛想で服装も汚い様な柔道整復師が出て来たら期待が失望や緊張に変化してしまいます。 柔道整復師の仕事で整復の腕がある事は大前提ですが整復に限らず、人に行う施術において、相手に与える印象は施術の成否を左右する重要なポイントになります。

相手の気持ちに寄り添いつつ、症状毎の悩みを的確に聞いていく事が出来れば理想的ですが、その為の前提条件がビジネスマナーであるとも言えます。社会人として最低限の身支度や言葉遣いも出来ない様な人に、敢えて不安を打ち明けようと考えるクライアントはいません。

「この人に施術してもらって大丈夫なのだろうか、むしろもっと酷くなるのではないか」という事で身構えられてしまうと、整復の難度も跳ね上がりますし、ビジネスとしても失敗した様な物です。リピーターにもなってくれないでしょうし、ビジネスとしての長期戦略で考えても悪評に繋がるリスクになります。

求人採用担当者等も相当に重要視するポイントです。 自分で開業する場合と、求人採用に応募する場合で変わる面もありますが、整復の腕と同時に社会人として一般企業で働く上で問題が無い程度のマナーは確実に身に付けておいた方が、仕事の結果も明らかに違って来ます。万全を期すならば、マナー講座等に出て裏付を取るのがベストですが、何らかの手を打つ事をお勧めします。

求人採用担当者はビジネスマナーから多くの事を考える

対人施術は、相手に合わせて力加減を変える必要があります。同じ部位に施術するのであっても、現役の体育会系にやるのと高齢者にやるのではコツが色々変わって来ます。場合によっては違う方法に切り替えた方が良い様な事も少なくありません。施術しながらも、相手の様子を慎重に観察して調整していく様な繊細さが要ります。

単純に力学的に適切な方向に押したり、引っ張ったりすれば済むという物では無いです。柔道整復師でも、それは変わりません。 そして、そういった細かい配慮が出来る人かどうかは日常の所作から読み取れてしまう事も多いです。

人間ですので失敗する事もありますし、価値観の問題で、明確な回答が無い様な事もあります。ただ、少なくともビジネスマナー等は、さほど大きい差が出る部分では無いです。そんな部分で余りに至らない所が多い場合は、求人採用担当者の立場でしたら、実際の現場でも同じ様に雑な仕事をするのではないかと不安に思ってもおかしくありません。

スタッフ間や関連業者との、コミュニケーションの面で見るにしても、いい加減なビジネスマナーで動き回られてしまうと思わぬトラブルに繋がる事が多いです。人によっては、侮られていると感じて気分を害す人も出るでしょうし、この人と話をしても仕方が無いという事で交渉自体を切られてしまう事にも繋がりかねません。

余りに気にし過ぎて、萎縮してしまうのも困り物ですが、最低限の配慮が出来る人間である事を示す為にも、ビジネスマナーは確実に習得しておいた方が良いです。

柔道整復師が特に気を付けた方が良いビジネスマナー

病院等に勤めている場合も決して軽視しない方が良いのですが、個人開業の場合は特にセクハラ関係には相応の注意が必要です。やってくるクライアントは多くの不安を抱えており、場合によっては精神的に何らかの問題を抱えている様なケースも少なくありません。

そんな時に、密室で1対1の状況になってしまう様な場面を作ってしまうと、後でセクハラで訴えられてしまうリスクが現実味を帯びて来ます。特に相手が異性の場合は、必ず第3者の目が入る様に工夫しておいたり、ドアを開けて密室状態を作らない様にする配慮はビジネスマナーとして必ず行う事をお勧めします。

施術方法に関しても、局部等セクハラのニュアンスと繋がりかねない方法は異性相手の場合は避ける様にした方が良いです。セクハラ以外でも、肌に触れられるという行為は人によっては、酷く緊張を誘発する行為でもありますので、場合によっては酷く動揺するクライアントも珍しくありません。そういった状況があるという事を想定しておいた方が良いです。

清潔な身だしなみや、丁寧な受け答え、親身に話を聞いてくれる等一般的な部分はクライアントと上手くやっていく上で重要です。セクハラにならない配慮や動揺しやすい人が居る事を想定しておく事もクライアントの利益になるという意味では同様ですが、自分の身を守るという意味でも決して忘れない方が良いポイントと言えます。

 

体の故障で不安になっているクライアントが安心して施術を受けるには、ビジネスマナーがとても重要になります。精神的に不安定なクライアントも居ますので、ビジネスマナーのレベルで配慮が出来る人でないと色々問題も起きやすいので注意しないといけません。採用担当者は特にそういった面を注意して見るという事は忘れない方が良いポイントです。