【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になればプロ野球のスポーツトレーナーになれる?

    

スポーツトレーナーの資格にはいくつか民間資格がありますが、国家資格などはありません。

資格を取ってもプロトレーナーになれるわけではなく、あまり求人がないので厳しい現状です。

中にはプロ野球選手のスポーツトレーナーになっている人もいて、資格は必要ありませんが柔道整復師などの医療系国家資格を持っていな

いとトレーナーとして活躍するのは難しいとされています。

 

医療系の国家資格を持っていると有利です

日本の法律では人の身体に触れ医療類似行為などを行う場合、医療系国家資格を持っている人に限ると決められており、そのことからも日本のプロトレーナーのほとんどは鍼灸師や理学療法士など、何かしらの医療系国家資格を持っています。

ほとんどの人は柔道整復師か鍼灸師のどちらかの資格を持っていて、いろいろな分野において活躍しているのが現状です。

つまり医療系国家資格を持っていないとアスリートはもちろん人の体に触れることができないようになっているので、スポーツトレーナーなどの仕事に就くことができません

プロ野球選手などのアスリートをサポートしたいのであれば、まずは医療系の国家資格を取得することがプロトレーナーになる第1歩と言えるでしょう。

求人情報を見ても医療系資格を持っていることが条件になる他に、プラスしてスポーツ経験や競技経歴も有利になります。

特にスポーツトレーナーの職業は一般的な求人広告や新聞などで募集されることはあまりなく、チームにおいて欠員が出た際に紹介などを介して探していることが多いです。

プロ野球チームに所属するトレーナーから紹介されたり、経験豊かで幅広い実績のあるプロトレーナーを雇っているところが多くあります。

福祉や介護などいろいろな分野で活躍しています

柔道整復師になるには専門学校に通い国家資格を取得しなければならず、必要な知識や技術などを身に付けておき、いつリクルートされても良いような状態にいることが大切です。

既に国家資格を取得している場合、トレーナーを専門とする派遣会社に登録するなど、就職先としての選択肢を幅広く準備しておくと良いでしょう。

資格をこれから取得する場合、学校選びやインターンシップといった就職機会などを増やすためいろいろな活動が大切です。

柔道整復師はさまざまな運動器疾患に関する教育を受けた資格で、プロトレーナーを目指す方にとって有利な資格です。

トレーナーはもちろん整形外科接骨院も就職することができ、スポーツ障害に関するスキルを学びステップアップすることもできるでしょう。

手を使った施術になるので、骨や関節・脱臼した人を自然治癒力を利用することで回復に導く仕事になります。

国家資格になるので大学や専門学校などに通って、専門的な知識や技術を身に付けることになります。

解剖学や病理学といった基本系科目の他にも実技や外科学など、学ばなければいけない数は多いと言えるでしょう。

国家試験の合格率は約63%で、資格を取得すると接骨院や整体院、福祉や介護の世界において活躍することができ、いろいろな業種に就くことが可能です。

技術を磨き顧客を獲得すると中には独立開業したり、ケアマネージャーを目指してスキルアップする人もいます。

スポーツトレーナーになる人も多く、いろいろな分野において就職することが可能です。

食事や栄養に関する知識も必要になります

スポーツトレーナーはアスリートが良好な状態において試合に参加するため、身体はもちろん精神面でもサポートする職業なので、スポーツジムやパーソナルジムなどにおいて指導するなど、いろいろな役割があります。

テレビでもたまに特集が行われることがあるので見たことがある人も多いかもしれませんが、何かしらのスポーツを経験していた人が引退した後、スポーツトレーナーになっているケースが多いです。

一般的にアスリートのトレーニングなどの指導をイメージするかもしれませんが、身体づくりを行うトレーナーをストレングストレーナーと呼んでいて、いろいろな役割があります。

アスリートが怪我をした場合に処置したり、モチベーションを維持するためメンタルケアも行うことがあります。

一般的に怪我をした場合処置を行うのはアスレティックトレーナーで、復帰をサポートするのはメディカルトレーナーです。

トレーナーの仕事には多岐にわたるものが多く、取得しなければいけない資格が特別決まっているわけではありませんが、アスリートの身体に触れることからも資格自体は何か所持している必要があります。

つまり、資格を持たない状態ではトレーナーと名乗ることはできないということです。

トレーナーは身体もちろん食事や栄養面について知識が必要になり、例えばプロ野球選手のスポーツトレーナーになる場合、選手生命を維持するのに大切な存在です。

さまざまな分野における知識や技術が必要で、身体の構造をきちんと把握することやテーピング技術を体得していることなども必須です。

加えて、スポーツ医学に関して理解しておいたり、さまざまな知識を知ろうとするモチベーションも大切だといえるでしょう。

海外などでプロトレーナーとして活躍している人もいて、場所を問わずにいろいろな働き方を行うことが可能です。

 

日本の法律では人の身体に触れる際、医療系国家資格を持っていなければいけません。

プロトレーナーは何かしらの国家資格を持っており、ほとんどの人が柔道整復師の資格を所持しているので専門学校に通い国家資格を取得することになります。

いろいろな仕事がありますが、アスリートが怪我をした際に応急処置を施す他にも、メンタルケアなども行います。