【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

スポーツ現場で働くには柔道整復師とアスレティックトレーナーの資格が必要?

    

将来的に高齢者の人数が今よりも更に増えると言われている現在、介護現場や医療現場では人が不足している状態です。
若者の人数が年々減少している今、柔道整復師という職業は医療現場において非常にニーズが高く、働き先もたくさんあり雇用形態も正社員だけではなくパートやアルバイトとしても働くことが出来る為、育児が落ち着いて働きたいと考えている女性からも注目されています。
この資格ですが、整復師の資格を取得できる専門学校もしくは大学へ進学し、整復師になるための知識や技術をしっかりと身につけた後、国家試験を受験し合格してからスポーツ関連施設や介護施設に整骨院などの医療現場で活躍をすることが出来ます。
整復師の中にはスポーツ関連施設で働きたいと考えている人はたくさんおり、人気の就職先の一つでもあります。
そのスポーツ関連施設で働く際、アスレティックトレーナーという資格を持っているスタッフがいますが、スポーツ関連施設で働く際、このトレーナーの資格を取得しておいた方がいいのでしょうか。

 

アスレティックトレーナーとはどんな資格か

このトレーナーという資格は一体どんな内容の資格なのでしょうか。この資格はスポーツ現場で働く際、選手が現場で負傷してしまった際に応急処置や傷の具合を評価し、傷を負ったその選手の復帰までのプランを考えていく役割をしています。

以前このトレーナーという資格を持っている人は、スポーツ関連施設しか働くことが出来ませんでした。しかし今はこの資格を取得し、介護施設や地域の催しで体操を教えるなど活躍の現場は依然と比較して幅広くなってきています。また、ケガを負った際の応急処置だけではなく、どうやったらケガを防ぐことはできるのか、そのトレーニング方法を伝えたり再発予防の為のテーピング処置を施していきます。基本的にチームとなっており、チームが選手のケガの状態や健康状態などの様々な情報を共有しながら選手をサポートしています。

日本ではこのトレーナーの資格の認知度はまだまだ低く、国家資格である整復師とは違いこのトレーナーという資格は団体の認定資格です。

 

整復師とトレーナー、両方取っておくほうがいい?

整復師の中には、スポーツ関連施設で働きたくてこの資格を取得した人もいるでしょう。このトレーナーの資格を取得するには専門学校もしくは大学でその知識や技術を身につけた後、試験を受けて合格をする必要があります。整復師を目指す専門学校や大学では、この整復師とともにトレーナーの資格を取得できる学校もあります。

整復師は骨や筋肉など傷ついた部位の治療やケガの予防、日々のストレスの緩和方法に体調管理の方法を学びます。整復師というのは投薬治療をせず人間が本来持っている自然治癒力を高める無理のなく体への負担を限りなく少なくした治療方法として高齢者の方にお勧めのケア方法です。スポーツの世界に関しても自然治癒力を高めることは重要で、自然治癒力を高めることでケガの回復も早まり、風邪などの感染症も掛かりにくくなります。

専門学校によって異なりますが、整復師と鍼灸師の資格を取得するとトレーナーの資格を取得することが出来る専門学校も増えてきました。元々トレーナーとしての資格も取得したいと考えている人は、専門学校を決める際に、この資格を取得できるかどうか確認をしましょう。

 

最強のトレーナーになることができる?

整復師とトレーナーの資格を取得することで、体に関する知識やケアの方法、ケガをしたときの対処方法までしっかりと心得ているので、最強のスポーツトレーナーになることができるでしょう。現場でもこの整復師の資格とトレーナーの資格を取得したトレーナーは利用価値が非常に高く、就職できる可能性も高くなります。

ケガの多いスポーツ選手だからこそ、適切な処置を素早くすることで選手の今後のケガの回復速度も変わり、今後ケガの回復をしつつ現場復帰へするためのプランもしっかりと組んでいくことが出来る為選手からも頼られる存在になるでしょう。

また、整復師自体に実務経験を積んで一定の研修をしっかりと受けていれ独立開業をすることも出来ます。スポーツトレーナーとして独立開業している整復師もたくさんおり、スポーツが好きでずっとスポーツの世界に携わりたいという整復師はたくさんいます。

 

整復師は接骨院や整骨院で患者さんの脱臼や骨折にねん挫や肉離れなどの治療だけではなく、その資格を生かしてスポーツ関連施設で働くことが出来ます。スポーツ施設で働いたり、福祉施設で体の機能を維持するためのリハビリを行ったり、スポーツ選手のサポート役として働くことができます。トレーナーの資格だけではなく整復師の資格を取得することで選手の体に対してどんな方法が適切な処置で復帰までにどんなプランを考えればいいのか、そのアドバイスをしっかりとすることが出来るからです。
スポーツ選手のサポートだけではなく、イベントでも健康体操を教えたり、介護施設で体操を教えたりなど様々な活動を通して整体師やトレーナーとしての仕事を伝えることが出来るでしょう。