【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

夜間の専門学校に通って柔道整復師になろう

    

柔道整復師は古くからほねつぎなどと呼ばれており、骨折や脱臼、捻挫などの怪我や外傷などを手術や薬を使用せず、手技やマッサージなどを行い体の自然治癒力を高めるための治療を行います。

国家資格が必要な仕事なので、厚生労働省が認定している学校に通学をする必要があり、専門の学校に通う場合には3年間の授業を受ける必要があります。

昼間部は比較的授業の時間が長いのが特徴ですが、夜の授業の場合は3時間程度になっています。

昼間はアルバイトや仕事で忙しい人が多いですが、夜の空いた時間を利用することで、国家資格を取得するための技術や知識を学ぶことが出来ます。

専門の学校に通って資格を取得しよう

柔道整復師は古くからほねつぎなどとも呼ばれており、整体院・接骨院・介護施設・病院などで勤務をしています。

骨折や捻挫、脱臼などの怪我をした時に、手術や薬などを使用せず手技やマッサージを行い、体の自然治癒力を高める効果があります。

高校生などの学生はもちろん、社会人として昼間に勤務をしている人も、専門的な知識や技術を身に付けて、手に職を付けたい人が増加しています。

厚生労働省が認可している専門学校や大学に通学をして3年から4年の間に必要な知識や技術を学んだ後に国家試験を受けます。

国家試験に合格をすると資格が取得できるため、個人経営の整骨院や接骨院はもちろん、大手チェーン店や病院、介護施設などで働くことが出来ます。

正社員を募集している勤務先が多いため、安定した収入を得ることが出来ます。

地元で評判の高い専門学校や大学を選ぶと、信頼できる講師が在籍をしているため、必要な知識や技術をしっかりと習得できます。

現代は結婚や出産を経験した後も、働き続けたい女性が増えていますが、資格を取得しておくと正社員やパートなどの勤務形態を選ぶことが出来ます。

パートの場合は子育てや家事と両立がしやすいです。

 

昼間は仕事やアルバイトで忙しい人も通いやすい

柔道整復師の資格を取得したい人が増えていますが、基本的に専門学校は3年になっています。

昼間部の他には、夜間部の授業を受けられる所も増えています。

昼間はアルバイトや仕事で忙しい人が多いですが、夜間の授業は18時~21時ぐらいになっており、昼間部に比べると時間が短く3時間程度になっています。

昼間はアルバイトや、仕事で忙しいけど夜の空いた時間を利用して学ぶことが出来るため、男女を問わず通学をしている人が増加しています。

昼間の場合は授業の時間が長いのが特徴ですが、夜の時間を利用して通学をしている場合は、時間が短いため休日を利用して補習などを行っているため、しっかりと必要な知識や技術を身に付けることが出来ます。

口コミで評価の高い学校は、主要な駅から利便性の高い立地にあり、経験豊富な講師が在籍をしているため安心して通学ができます。

現代はスポーツ時などで怪我をする人が増えており、人手も不足している職業なので資格を取得することで就職や転職にも有利です。

人と接するのが好きな明るい性格の人や、細かい気配りのできる人、体力のある人などが向いています。

学校を選ぶ時は資料請求をして、じっくりと比較検討をしましょう。

 

男性のほうがやや多い傾向があります

柔道整復師の専門学校の場合、男女比率はやや男性のほうが多いですが、同年代の女性も数多く通学をしているため、授業を通して親しく交流ができるのが特徴です。

手技やマッサージなどの施術を行う必要があるので、体力が必要な仕事ですが、細かい気配りができる女性には向いている仕事です。

整骨院や接骨院などでは、異性のスタッフに施術を受けるのを嫌がる人もいますが、資格を取得している女性は同性の女性も安心して施術が受けられるため、多くの信頼を得ています。

国家資格なので専門学校に通う場合は3年間はしっかりと学ぶ必要があります。

現代は男女共に多忙な人が増えているため、夜間部の授業を受けている人も数多く存在します。

地元で評判の高い学校を選ぶと、明るく開放的な雰囲気の校風になっており、国家資格を取得するための授業を受けることが出来ます。

資格を取得すると様々な職場で活躍ができるため、安定した収入を得ることが出来ます。

現代は働く女性が増えていますが、資格を取得しておくとキャリアアップのために転職をしたい人にも有利です。

 

柔道整復師の資格を取得している人は、接骨院・整体院・病院・介護施設などで勤務をすることが出来ます。

古くからほねつぎとも呼ばれており、スポーツなどで怪我をする人が増えているため、人手も不足している職業です。

国家資格を取得する必要があるため、専門の学校に通学をして、3年間はしっかりと学ぶ必要があり、忙しい場合は夜間部の授業を受けることで必要な技術や知識を学ぶことが出来ます。