【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人に応募する際にアピールしたいポイント

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/12
    

柔道整復師の求人に応募する場合には、履歴書や面接などでできるだけ自分の良いところをアピールする必要があります。柔道整復師の仕事をするうえで求められている能力などを、しっかりとアピールすることで、採用を決める相手にも良い印象を与えることができます。

ここでは、そのようなアピールしたほうがよいポイントについて紹介します。

柔道整復師として働いたことがない人の求人

新卒の人やこれまで他の業種で働いていた人がはじめて柔道整復師の仕事に応募する場合に、特に重要になるのが仕事で必要になる整復のための技術のアピールです。未経験の人は採用をする側でも慎重になることから、しっかりとした技術を学習しているということを伝える必要があります。

専門学校などで整体の技術を学んだ人は、その内容をしっかりとアピールすることで、相手により良い印象をもってもらうために役立ちます。どこの学校で何年間整復を学び、どのようなカリキュラムを取得したのかということを、詳しく相手に説明することで、より詳細に相手に自分の技術を伝えることが可能です。その際に、学校で学んだ具体的な技術などを説明することにより、さらに明確に自分の能力をアピールできます。

専門学校だけではなく、整復師として仕事をしている人に技術を教わったことがある経験がある人は、そうしたことも面接などで話すことで、さらに自分の能力を伝えることができます。柔道整復師の求人面接の場合には、国家資格を取得していることを確認することも大きなポイントになりますが、いつ資格を取得したのかということもわかりやすく伝える必要があります。

学校を卒業してから短い期間の間に、国家資格を取得した人の場合には、学校でしっかりと勉強したから短い期間で資格を取得できたということをアピールすることもできます。

柔道整復師としての経験がある人の求人

柔道整復師の仕事をしたことがある人が、整復師の求人に応募する場合には、整復師としてのキャリアをしっかりと相手にアピールする必要があります。柔道整復師として働いた経験のある人ならば、雇用する側の人間も何かと採用しやすくなるので、具体的なキャリアの内容などを細かく伝えることが必須です。

どこの整復院で働いていたかということや、どのような形態で働いていたのかということも、採用を決める際に相手にとって大きな判断材料になります。他の整復師が経営する整復院に雇用されていた場合と、自分で整復院を経営していた場合には、面接官にアピールできるポイントも大きく異なります。

雇用されていた場合には、一週間に何日ほど働いていて、どれだけの期間、勤務していたのかを詳細に伝え、任されていた仕事の内容なども具体的に伝える必要があります。どのような仕事を実際に行ったことがあるのかという経験がわかれば、採用を決める側も雇用がしやすくなります。

求められている人材に必要な能力を、実際に仕事をして育てたという経験は、雇用される側の人間にとっても大きなアピールポイントとなります。その一方で、自分で整復院を経営したことがある人の場合には、経営を行ううえで得た知識や体験なども細かく話すことで、整復師の仕事に対する全般的な経験の広さをしっかりと相手に伝えることができます。

柔道整復師の仕事で必要になる能力

柔道整復師の求人に応募する際に、整復師の経験がある人もない人も共通してアピールできるのが、整復に関する技術以外の能力です。柔道整復師もサービス業の一環であるために、整復の技術とともに、患者に対する接客の技術なども広く求められています。患者に対する接し方がうまい人を雇用すれば、利用者の増大にもつながることから、雇用する側でも接客の上手な人を好む傾向があります。

接客の能力をアピールするうえで重要になるのが、具体的な接客の経験です。これまでに柔道整復師として働いたことがある人ならば、実際に働きながら学んだ接客のマナーなどを話すことで、面接官に接客の技術を伝えることができます。整復師の仕事をしているときの具体的な患者とのエピソードなどを語ることで、さらに接客の能力を詳しく伝えることができます。

今までに柔道整復師として働いた経験がない人の場合でも、接客の能力をアピールすることは可能です。特に前に働いていた職場で、接客をする仕事を担当していた人は、そうした経験なども面接で話すことができます。

どのような仕事でどのような接客をしていたのかを具体的に説明し、その接客技術がどのように整復の仕事で役立つのかをわかりやすく伝えれば、採用する側にとっても何かと参考になります。また、以前働いていた場所で、遅刻や欠勤などをしたことがない人は、そうしたことも一緒に伝えることで、仕事に対する強い責任感をアピールすることができます。

 

柔道整復師の求人に応募する場合には、自分の持っている能力や経験をしっかりとアピールする必要があります。採用する側にとっては特に整復の技術や経験、接客の能力などに強い関心があるために、こうした能力があることを上手に相手に伝えるのが採用されるためのポイントになります。