【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

年齢はいくつでも柔道整復師になれる?

    

国家試験における年齢制限としては、特に何歳以上何歳以下でないといけないなどは示されていません。では子供でも高齢者でもなれるかとなるとそこは少し話が違ってきます。国家試験の受験資格や仕事をする上での事情を知る必要があります。

国家資格の制限としては特に設けられていない

国家資格の中には、受験資格が緩やかなものがあります。誰でも受験できる仕組みになっているため、こどもからお年寄りまで受験できるものもあります。受験できるとなると実際に挑戦をする人も出てくるので、最年少、最年長の記録などが話題になるときがあります。ある難関の国家試験では11歳の小学生が合格したことが話題になりました。最年長は60歳代から70歳代ぐらいになるようです。難しい知識を理解するにはそれなりに社会経験が必要になるでしょうし、暗記しないといけない内容が多い時は高齢になると難しくなります。若すぎても年を取りすぎても資格を取るのはむずかしくなりますが、挑戦して合格するのはその人自身の努力があってのことでしょう。

柔道整復師に関しては特に年齢に関する決まりがありません。ですから他の条件を満たしているとき、何歳だから受験できませんと言われることはなさそうです。まずは他の受験資格を得るように頑張ればよいでしょう。医療関係の資格になるので、医療に関する知識であったり、実際に施術を行うための技術も必要になります。と考えるとそれなりにちょうどいい時期はあるかもしれません。ただなりたいと感じるのがいつになるかは人によって異なります。何歳になったとしても制限がないのであれば、挑戦する意欲がある人にとってはありがたい資格と言えるかもしれません。

専門学校や大学に入学できるかどうか

将来やりたい仕事を現実問題として考えられるのは何歳ぐらいでしょうか。子供のころは憧れとして野球選手、タレントなどを掲げるかもしれません。でも多くの人は憧れるだけでその努力はしません。中には野球選手やゴルフ選手になるために子供のころから練習をする人はいます。多くの人がまず将来を考えるのは中学卒業を控えた頃でしょう。通常は高校進学を考えますが、早く社会に出たい人は高校進学以外の進路を取ることもあります。その後高校卒業や大学卒業などの節目を前に将来を考えるようになるかもしれません。

もし中学卒業を控える人が柔道整復師になりたいと考える時に年齢に関して気を付けることはあるでしょうか。国家試験を受けるにあたっては特に制限はありません。ただ受験資格として大きな壁があります。そこには国が指定する大学や短大、専門学校を修了しないといけないとされています。看護師であれば看護科のある高校に進学などすれば高校卒業と同時に受験資格が得られますが、今の所高校や高等専門学校などに柔道整復師になるためのコースは設定されていません。まず目指したいのは高校を卒業することで、さらに3年制の短大や専門学校の修了になるでしょう。順調に行けば21歳ぐらいで修了になるので最も早くなるための条件をクリアできます。

上限に関しては全くありません。ただし専門学校などを修了する条件をクリアしないといけないので、それらの学校に行っていない人は3年はかかることになります。どうしても柔道整復師になりたいなら、早めに行動に出ないといけません。

就職をするときに一定の制限が設けられる可能性

日本では義務教育が中学生まであります。中学生でもタレントなどは仕事をしていますがかなり特殊な例と言えるでしょう。一般的なアルバイトで中学生を採用してくれるところはありません。高校生になるとファストフード店などで募集が出ますし、大学になるとアルバイトならほぼなんでも行える状態と言えます。ただ資格が必要になるとそれを持っているかどうかも関係してくるので、仕事を探すときには気をつけないといけないでしょう。

医療系の資格の中でも人気が高いのが柔道整復師です。主に整骨院での仕事になりますが、スポーツトレーナーとしての仕事もありできる仕事の領域は広いです。気になる年齢制限ですが、資格を取るにあたっては特に設けられていません。ただ所定の学校を卒業しなくてはならず、早くても21歳ぐらいからでないと一人前として働けないでしょう。

上限ももちろんありませんから何歳でも仕事ができそうです。ただ独立をするにはそれなりに経験や信用が必要で、その前には一定の職場で働く必要が出てくるでしょう。一応高齢でも学校を修了して国家試験に合格すれば資格は取れます。しかしその時に整骨院やスポーツクラブなどで採用してもらえるかどうかです。求人には表向きには何歳まで等が書けないケースが多いので書かれていませんが、応募しても通らない可能性があります。この辺りは資格取得時に学校と相談をするとよいかもしれません。せっかく資格を取得しても使えないと意味がないので、可能性があるなら挑戦してみましょう。

試験制度としては、所定の学校の修了が条件になっています。最低でもその条件を整える年にならないとなれません。上限の制限は資格取得に関してはありませんが、就職で壁ができる可能性があります。事情を確認して挑戦するようにしましょう。