【徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの人気整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師の求人応募で最も多い年齢層は?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/17
    

柔道整復師の求人応募では、どのような年齢層の人たちが応募しているのでしょうか。ここでは応募の多い年齢層、採用で重視されるポイント、採用で有利になる年齢層などについて説明しています。年齢はある程度考慮されますが他のポイントも総合的に見て判断されるので、年齢の問題だけで諦める必要はありません。

30代が最も多いという話は本当?

柔道整復師の求人では、さまざまな年齢層の募集が見られます。サラリーマンという概念が存在しないため、中高年でも受け入れてくれる職場は数多くあります。そうした中で最も多い年齢層は30代となっており、これは転職を希望する人が多い年齢層であるためです。転職するなら30代が最後のチャンスと考える人は少なくありません。

例えば20代のころはサラリーマンとして働いていて、30代になってから自分に合わないと感じて柔道整復師を目指す人もいます。まったく新しい職業を目指すとなれば、年齢はある程度若いほうがよいわけです。

サラリーマンの場合は、30代半ばを過ぎると採用率が下がるという現実がありますが、これは企業で活躍できる年数が少なくなることが大きいです。例えば50代で転職をして仕事を完璧に覚えても、定年退職まで10年未満という状況になりかねません。

一方で柔道整復師の求人に関しては、資格を有していれば年齢はあまり問われないことが多いです。そのため30代半ばをすぎた人が応募するケースが少なくありません。一般的な職種ですと30代後半になると採用で不利になりますが、柔道整復師なら気にする必要はないです。

本人のやる気が何より重視されますので、やる気を第一にアピールしていきましょう。コミュニケーション能力や接客対応に自信のある人は、優先的に採用してもらえるケースが多いです。

年齢よりも重視されるポイントとは?

一般企業においては求人側から見た応募者の価値は、年齢が大きなウエイトを占めています。柔道整復師の求人応募に関しても年齢はある程度関係しますが、ほとんど考慮しない職場もあります。大切なのは本人のやる気とモチベーションであり、これらに自信があれば採用してもらえることが多いです。柔道整復師の求人・採用ランキングサイトで紹介される職場なら、幅広い年齢層を採用しています。

全国に展開する大手グループ院は、優れた採用率を誇っています。他職からの転職を成功させたい、将来に向けてキャリアアップをしたい、独立開業を目指しているといった30代に最適でしょう。昔と現在では年齢における概念が変化してきており、現在の30代はまだ若いと認識されることが増えてきました。40代と比較して転職で有利になるのは確かですから、転職を希望している人はこのタイミングで決めるのがおすすめです。

若いほどスキルの習得が素早いですし、体力にも余裕があります。柔道整復師は技術はもちろん体力が求められますので、体力に余裕のある人のほうが有利です。それゆえ体格が大きい男性は積極採用してもらえるケースが多いです。もちろん体格が小さくても、技術でカバーすることはできます。

ソフトな施術を売りにしている整骨院や接骨院の場合は、体力はそれほど重視されない傾向があります。求人応募をする前に応募先のコンセプトをよく確認しておきましょう。

若い年齢層だと採用で有利になる?

求人応募で有利になる年齢層は20代であり、これは若さを武器にできるためです。最も体力に余裕のある年代ですし、知識・技術もスムーズに身につけられます。

ただ30代くらいまでならば、年齢が求人応募においてハンデになることはほとんどありません。他職と比べて年齢に対する認識はソフトですから、40代でもまったく問題なしという職場もあります。50代くらいになると転職は少し厳しくなりますので、転職を希望する人は早めの決断をおすすめします。

50代以降になると自分の整骨院や接骨院を開業している人が多いです。将来的に独立開業をしたい人も、なるべく30代までに柔道整復師への転職をすませておくのがよいでしょう。バキボキとした施術が中心だった時代は、体力や腕力などが重視されましたが、現在はそれほど問題とされません。

柔道整復師の施術は痛みをほとんど感じないソフトな手法が普及しており、女性でも難なく施術できるのが特徴です。ただ昔ながらの刺激の強い施術が好きという人もいるので、体力や腕力に自信があることは大きな武器となります。整骨院や接骨院の求人に応募するときは、どのような人材が求められているのかよく確認しておきましょう。

すでに柔道整復師としての経験・実績が豊富にある人の場合は、50代以降でも問題なく採用してもらえるケースが目立ちます。初めて経験をするのか、すでに経験があるのかによって状況は変わってきます。

 

柔道整復師の求人応募は30代が多くなっています。この年代なら他職から柔道整復師を目指す人でも問題ありません。年齢以外ではやる気やモチベーション、過去の実績などが重視されます。将来的に転職を考えている人なら、採用で有利になりやすい20代のうちに決めるのがおすすめです。