【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

働きながらでも夜間柔道整復師の学校に入学できる?

    

柔道整復師については、会社員が目標とすることはできないのかというと、そんなことはないといえます。専門学校には夜間部を設けているケースがあります。

働きながら目指すのであれば、こうした学校で知識とスキルを学ぶことになります。

 

 

 

夜であれば仕事をしつつ学ぶことができる

専門学校の夜間部へ入学することになれば、会社に行きつつテクニックや知識を学べます。

多くは18時~19時に授業をスタートするので、時間を有意義に活用することができます。 加えて、一般的に見て夜と昼で授業の中身に変化があることはあまりなく授業時間も用意されています。昼の仕事と兼任しながらの学業はめまぐるしくなりますが、半ばで挫折しないよう、スケジュール管理のバックアップを充実している学校もあります。

それに加えて、仕事と共に学校に通学する人に非常に多い悩みが学費です。夜にだけ適用となる減免制度などがあります。コストの問題で迷っている人は、個々の学校の資料に掲載されている情報をしっかりチェックしましょう。

夜を選択する人で多いのは、仕事に従事している会社員やOLです。昼に勤務する人は学業をしたくても通うことは困難なため、こういった人のために夜間部は存在します。原則として夜は2コマしか授業はありませんので、就労している人には良いボリュームでしょう。

 

勉強するための環境が整備されている

夜の学校には学業に精進している学生が非常に多いことから、一緒になって学習をしていて非常に良い刺激になるという評価があります。昼の学生と比較すると、目標意識が明確になっている生徒が少なくないので良い影響があります。

また、月曜日~金曜日の授業の数は原則として2コマほどです。仕事のあとに学習するには程よいといえます。さらに土曜日日曜日のいずれかに学校へ出ることが定まっている学校も存在します。そういうことなら月曜日~金曜日の昼はいつもどおりに仕事して夜は短時間行けば良いだけですから仕事及び学校をかけもちが可能といえます。

それに加えて、自宅では勉強できない人のために、授業が終了した後も校舎を開いている学校もあります。学習室を利用することができる学校が非常に多いので静粛な雰囲気で学習することができます。

また、分からないことがあったなら、図書館でチェックすることができるのも評価できます。教師も遅くまで残るケースもあるので直接聞くこともできます。

 

働きながらでのメリット

夜間部は、昼と比較して授業料が安いケースが少なくありません。3年で平均して50万円から100万円も安く済みます。

ほかにも分割払いにも応じる学校があります。加えて教育訓練講座を修了した場合、払った学費の一部分を給付する雇用保険の制度も存在します。そして昼は勤務することができるため経験を積み重ねることもできます。昼に異なる仕事をしていれば学生でありつつ社会人の経験を蓄積することができます。

コミュニケーション力、事務作業などは就職した時に役立ちます。そのうえ年齢が高いとしても学習しやすいといえます。夜は、広い範囲の年齢層が通学しています。具体的には20代から30代の学生が多いです。

40代以降もおり、昼間とは年齢層が違います。さらに、もうすでにマッサージ師や鍼灸師資格の持ち主は教科免除されるケースがあります。しかもクラスにそうした人がいますと、数多くのことをレクチャーしてもらえます。

さらに、成人してから学習することに抵抗感を感じる等不安を抱えている人は、体験入学などを通じて雰囲気をチェックしてみましょう。それを実行するためオープンキャンパスに参加することが重要になります。勤めながら施術を会得する者同士、相互の苦労が分かっているからこそ、卒業した後も貴重な仲間となるはずです。

そして学校で昼間のアルバイト先をあっせんしてくれる場合もあります。学校と勤め先が手を結んでいるので、就業時間も相談できるはずですし、試験の前に休ませてもらえます。かつその勤務場所と相性がよければ、直に職につけるかも知れません。

 

昼間とは別に夜間のコースを設定する学校は年を経るごとに増加しています。プログラムも色々な取り組みがなされています。自分自身が、どういったスタイルで学校に行きたいのかをしっかりと考えましょう。

どういった学校でも当てはまりますが、昼の仕事と夜の学校の双方を全うすることは並大抵では不可能です。今後のゴールを立てて、どのタイミングでどういったものになりたいのか、どういった仕事を将来に行いたいかを確かにしておかないと、半ばで挫折してしまうこともあり得ます。

専門学校の教師やカウンセラーに相談を持ち掛けたり、仲間と助けあえる夜間の学校で学ぶことも一つの選択肢になります。