【人気の求人募集を徹底比較!】柔道整復師の就職や転職におすすめの整骨院・接骨院をランキングでご紹介します!

柔道整復師になる為の専門学校選びのポイントは?

    

柔道整復師の資格を取得するために専門学校を探していると、入学しやすいところがたくさん見つかるはずです。

確かに、お金を払えば入学できるところもありますので、何も考えずにそちらに通おうと考えているかもしれません。

しかし、それぞれの専門学校には特徴があるので、それらをしっかりと把握した上で入学しなければ後悔する可能性がでてきます。

専門学校選びは今後の得られる知識や技術、そして就職先にも強く影響するので、納得できるところを探せるまで頑張りましょう。

多くの中からベストな専門学校を選ぶのは大変ですが、ポイントを知っていれば効率的に見つけ出せます。

自分に合った授業形態で柔道整復師になろう

柔道整復師になるための専門学校選びで、始めにやらなければいけないのは、授業形態を調べることです。

基本的には、昼間に授業が行われて、二年間の通学で卒業することになりますが、変則的なコースも存在し夜間に授業が行われるところや、卒業までに三年間かかるところも存在しています。

このように授業形態には専門学校によって大きな違いがあるため、自身の現在の環境にあったところを選定しましょう。

授業形態を上手く利用すれば、働きながら資格を取得することも可能です。

授業形態を決めたのなら、卒業までに支払わなければいけない学費を調べてみましょう。

一律料金ではなく専門学校が学費を決めていることから結構なバラツキがあるので、予算によっては入学できないところもあるはずです。

学費が分かったのなら、次はカリキュラムを見てみましょう。

どの専門学校を利用しても、国家資格を取得するために必要な知識や技術を得ることは可能です。

しかし、それ以外にもいろいろと工夫されたカリキュラムが用意されているケースが多いので、社会の役に立つ人間になりたいのなら、プラスアルファの知識や技術を大切にしましょう。

なお、学費もカリキュラムも、専門学校のホームページに記載されているため、資料請求をせずとも情報を得られます。

そのため、まずはたくさんのホームページを見て、そこに載っている情報を比較し、気に入ったところがあったのなら資料請求するとよいでしょう。

国家試験の合格率と就職率も大切な要素

専門学校を選ぶときに、もう一つ気にしなければいけないのは、国家試験の合格率就職率です。

合格率と就職率は、卒業後の生活に直結することなので、納得できる数値を発表している専門学校を選びましょう。

まず、合格率のほうですが、これは卒業後に受けることになる国家試験をクリアした方の多さを示しています。

高ければ高いほど専門学校が国家試験対策を行っているという証拠なので、勉強に不安があるのなら合格率が100パーセントに近いところを選びましょう。

もちろん、ペーパーテストに自身があるのなら、合格率は無視してしまっても問題ありません。

そして、専門学校の卒業生が柔道整復師として、きちんと働き始められたことの多さを表すのが就職率です。

この数値が高い専門学校は就職サポートが充実しているケースも多いので、卒業後の働き先に困る可能性は低くなります。

就職率のほかに主な勤め先の紹介をしているところもあるので、目を通しておきましょう。

もちろん、すでに整骨院や医療施設などで働いていてそこで利用するために取得するのなら、就職率は気にしなくても大丈夫です。

大学という選択肢も考えてみよう

資格を取得できるところを調べてみると専門学校が多いので、そちらでしか勉強できないと考える方がいるかもしれません。

しかし、大学での取得も可能なので専門学校以外の選択肢を考えてみるのもよいでしょう。

その大学にしかない一番大きなメリットは、技術や知識を学ぶと同時に大卒という学歴も取得できることです。

大卒の資格は将来の可能性を広げるものなので、必要だと感じるのならば取得しておいくことをおすすめします。

ただし、大学の場合は4年間通わなければいけないのがデメリットだといえます。

専門学校は2年通えば取得できるケースが多いので、倍の時間かけるのは難しい方もいるかもしれません。

早く社会に出て働きたいと考えるなら専門学校のほうが適しているといえるでしょう。

また、独立して自身のお店を持ちたい方も学歴は全く関係ないので、大学よりも専門学校のほうがよいかもしれません。

早めに資格を取って修行時間を多く取るほうが技術力は上がりますので、お客さんに喜んでもらえるからです。

大学と専門学校のメリットとデメリットをしっかりと比較した上で、柔道整復師としての未来を決めましょう。

 

よさそうな専門学校を見つけたのなら、できる限りオープンキャンパスに参加するようにしましょう。

やはり、ホームページや資料に載っている情報だけでは、全てを知ることはできません。

そのため、実際に校舎を確認できたりスタッフと話ができたりするオープンキャンパスの参加はとても重要になります。

しっかりとした専門学校選びをすれば柔道整復師になって活躍することは難しくないので、入学前のリサーチは徹底して行いましょう。